<< 【人生の魔法】-841 下らんことに怒っていた | main | 2014年06月20日のつぶやき >>
超常現象を体験されている方とのやり取り(28)

twitter.com (20140616)
昨日は寝不足だったから強く出てたのかと思いきや、今日は寝たのに強いので、また強く出てます。そのうち物が動かせるんじゃないかと。その前に人前に出られなくなる。
1日祈りを続けましたが変化はまだ実感ないです。
いままでは言わば砂粒くらいの粒子だったが、いまは結合してヒョウかアラレみたい。

「ウルトラマンに出てくる怪獣のようにビルをなぎ倒し暴れる力を得たら、そうされますか?」

無邪気に応えるならばそうかも、しかし自分というパーソナリティからすれば、しないでしょう。それはコントロールの効くパワーだから。

どうも、車を停めるレギュラーの場所でも、迷惑アピールを受けたかも知れないです。もうあまり捨てるものが無いので、死しか道が無いのでしょうかね。乗り越えられない試練は無いと聞きますが、何処にも道が無いように感じます。


「周囲に人家のない山小屋で暮らし、パートナーさんに食料とか運んで貰ったら如何でしょうか?
戦中〜戦後長きに渡ってジャングルの中で生き延びた元日本兵だっています。
シブトク生命の火を燃やされてください。

「後、『コントロールの効くパワーだから』とおっしゃった部分、くまくまさんの無意識のレベルでは逆に『パワーを解放』というコマンドが出ており、それが電磁波につながってると感じられてなりません。
くまくまさんの自我(エゴ)が考える『自分というパーソナリティ』と、目に見えない想念レベルの(真の)くまくまさんと、相当ギャップがあるのではないでしょうか?
電磁波という超常現象は、『あなたのセルフイメージはちょっと違いますよ』と魂が教えてくれる為のものと感じられます。」

「ここまで追い詰めて、過去世から引きずる想念の存在を気づかせようとしていると。」

「裁きではなく、無条件の愛♥で。」

「状況の厳しさをテコにして、普通の心構えではなかなかのぞけない想念の奥の奥の方をのぞかれてみては如何でしょうか?
私の勘では、それはターニングポイントになりえます。」

ゲーリーボーネルさんは、『自らの正体を知った者にとって、山を動かすこともたやすい』とおっしゃってますね。
くまくまさんのそのパワー、奥の方にしまわれた痛み混乱した想いエネルギーを癒すことで逆に、人類の役に立てて欲しいととても思います。
資源問題だって解決するでしょう ^^」

「ウルトラマンに退治される怪獣ではなく、ウルトラマンになっていただきたい。
&行列のできるカリスマヒーラーに☆
くまくまさんならなれるよ。奥の方の部分を癒せば ^^」

山小屋は無理です。登山の心得もありませんし、近くの山で山小屋はありませんので。
パーソナリティが違うと言われても、小さいころからあまり変わってないと他者からは言われますし、自分も別にあるようにはどうしても思えません。


「ジャングルで戦後長く生き延びた元日本兵だって、登山の心得があったり、程好い施設があったわけではないと思いますよ。
あったのは『生きよう』という意志であったと。
同じく『生きよう』という意志に基づき、【内観】を深める。『他者から言われる』でなく、地球の核(鉄で出来てる)のような奥を見る。
如何でしょうか?」

「分かれ道なので、特別真剣にご提案しました。」

「『無理』『ない』と言ってるのは、この際なので忌憚なくお伝えすると、くまくまさんのエゴの部分ですよ。
これまでの拠り所を何も変えたくないと頑張ってる、自分の更新を拒否する性質のパワー。
ディセンション(次元下降)中の人間は誰もが持ってるものです。
その為、命を落とされないでください☆」

すみません。運転をしていました。
気持ち的にはやりたいですが、都会っ子の私が行けば死ぬ可能性が高いです。まだ、会社等の手続もあります。
昼間寝るとかの手段も試した上での最終手段にしたいです。

思い出したのですが、ヒーラーさんが、本来手を挙げるくらい簡単にコントロールできるものがコントロール出来ないのは何故か?と、意味深に答えを自分で出させようと、意味をお答え頂きませんでした。


『想念波≠電磁波』から『想念波=電磁波』に認識を変え、責任を取っていく。
自分の事であれば、奥底深くの治療でも大きく見て簡単ですよね。
電磁波のはた迷惑な性質と自分の想念の性質を『≠』で考え、別の案件として扱い続けるのって無理があるなぁと、ずうっと思ってきました。『抗議を受けた』と被害者の視点で殆ど100%語られるところも。
奥深くに隠れた想念のお陰で世間に多大な迷惑をかけ痛手を与え、もしかしたら金銭的被害だって与えている(我が家の新しい家電はあの日壊れました)かもしれない、自分は加害者なんだ・・・と発想されないのは、エゴが意識を先導しているからだナと。」

けっこう出しましたよ〜。まだ、あるんですか?
だとしたら相当隠れていて無意識ですよ、それ。


家電が壊れたとおっしゃられても本当に見当たらないのです。逆に言えばつまりは居ない方が良いという結論しか導かれません。

「『どうせ僕なんて』も、エゴの典型的な発想法なんですよ。
相対的にラクできる逃げ込み場所だから。」

「あの日私に見せられた敵意・怒りだけでも相当なものでした。
もしかして、『アレは怒るだけの理由があるからいいんだ』と、【内観】の対象から(無意識に)除外されていますか?」

twitter.com (20140617)
なんでこんなにラビリンスなのかがわからない。

バシャールbotで次のような言葉が流れてきました。
『エゴの自然な仕事のひとつは、自分でこうなりたいと思っている皆さんの性格を保ち続けることです』」

運転しておりました。
ともかくエゴで話すのですから当たり前では?
エゴの話す中にヒントがあるように思います。エゴと言って切り捨てたらクライアントさんとお話しできませんよ。それはさておき。
愛の裏側なのですよね。どうせ僕なんかも裏という事に。

ヒーラーさんも、霊能者さんも直接会って、合計時間でも一回に8時間で8回くらいお会いしているので、その方々が被害感は全くおっしゃらずに、そのまま家でデンとと言いました。なので、なにか違いがあるのかも知れないですね。

山小屋に行きたくないのは、表層部分は非効率だからと思っていますが、違う理由もあるように感じます。
ヒーラーさんに、鼠の実験の話しをされました。一つのグループは、愛情深くかまって育てた鼠、もう一つは批難や脅されて育った鼠、最後に無視された鼠。そのうち長生きしたのは無視以外の鼠。

確か、いじめて欲しい魔を感じたとスピさんがおっしゃっておられたかと思いますが、その魔の正体はズバリなんですか?

なんとなく、スピさんに同じ要素があるか、あったかする部分の共感能力からくるものがあるのではないかと少し思いました。何故ならば、僕の足は傷だらけで腫れているからです。


「twitterにも憤激交じりで書かれていましたが、『クライアント』の語義を間違っておられますよ。
『依頼に基づきビジネス(有償)でサービスを提供する』相手がクライアントです。
私は、広義の友人に何の契約(お約束)もなく無条件の愛で接してきただけです。」

「なので、エゴから解放されるお手伝いは喜んでさせていただきますが、エゴが“お客様”になる(そう扱う)ことは決してないんですよ。
『クライアント扱いが悪い』という無償の対応に対する感謝に欠けたご姿勢もまたエゴの賜物ですね。」

そうですね。

すみませんでした。

発言は自由にしたいとおもいますが、不快な思いをされたのでしたらごめんなさい。
ありがとうございました。
たいへんお世話になりました。


twitter.com (20140617)
いよいよ、人が居ない所で寝ないとならないようになりかけてますので、今日は山深い山中で車で寝れるか試します。移動時間含めてそれでゆけるかどうかを試します。

twitter.com (20140617)
しかし、不思議な事だらけで何をしんじたらいいのかわけわからなくなってます。
http://ascension2011.jugem.jp/?eid=2024 

twitter.com (20140617)
母と洗濯物交換する時に、ノートPCを持って来てもらいました。これで見なくなったWOWOWとか解約しないと。5月中旬に家を出て、ひと月かぁ。しみじみ。

twitter.com (20140617)
僕の人生どうなるのでしょう?
しかし、不思議さが返って希望でもあります、何故ならば、ここまで追い込まれるのに、回避ポイントが無かったからです。こうされてる感が強いです。


(29)へ続く


【関連】      ・自然な流れにまかせられない
     ・あるがままの存在を許せない
      どちらかに該当する時は、もっともらしい理由を言葉で組み立てられた
      としても、私の中でエゴがバタバタと暴れまわっています。 ・・・続き

        エゴは、「宇宙は一つ」と知らぬまま個体のサバイバルにまい進する
      パワーです。
      人の場合はインテリジェンス(思考能力)と結び付いています。 ・・・続き

 
【目次】
(1)   「僕は今人が経験した事ないような不思議な目にあっています。」
(2)   「体感の変化は、周りに及ぼす影響と比べて相対的に小さいようですね。」
(3)   「ご家族は※※さんを出て行かせるがままにされているのでしょうか?」
(4)   「何処かに出口が無いとおかしい気がします。」
(5)   「君の魂のエネルギーが強すぎて観る事が出来ないと言われた事がありました。」
(6)   「例えこれにより死んだとしても本望だと。死んだように生きるより、ずっと素晴らしいからだよって。」
(7)   「仲間外れでした。泣いて帰りたいと毎日言ってましたね。いじめられてもいました。何故だか?

(8)   「僕は産まれてから今まで、自分が悪いと思ってきたんです。」
(9)   「今なら人生にYESと言えそうです。」
(10) 「違いに寛容な世界でありたいですね。」

(11) 「これは『ただ一つの正義』を奪い合う闘争ではないですから。」 
(12) 「実際言葉にして誰かに愚痴を聞いて貰った経験ってありますか?」
(13) 「父からは内股で歩くなとか、無理やり野球とかやらされましたね。母からも嫌いな活動に・・」
(14) 「むしろ家族が僕を助ける機会を奪って来たと今は思います。」

(15) 「まだまだ険しいですが、パズルピースが見えたのは心強いです。」
(16) 「受け入れない事と受け入れられない事とは同じだと気付くのです。
(17) 「どこらへんがセルフイメージなのかおっしゃって下さい。」
(18) 「闇も、モラルの闘いも、怒りも皆々愛の裏返しですしね。」
(19) 「闇に裏返っている力を、愛に帰還させてあげませんか?」
(20) 「闇はここから始まりました。母に愛されては居ないのでは?と言う疑問から。」
(21) 「自我(エゴ)レベルでは物事の一面真理しか見えない」「慈愛は結局自愛だなぁ」
(22) 「我が子がいた場合に、あるがままを尊重できるか?と言われれば、出来ないでしょうね。」
(23) 「今僕にできるのは、母を許す事です。」
(24) 「お母さんは如何でしたか?」「ハグした時に、これが必要だと思っていたと言いました。」
(25) 「私に対して『自業自得』と思ってられるご想念・そのもの思い方のパターンが、電磁波の原因だと思いますよ。」
(26) 「もう長くは持たないと思っています。」
           (中略)
        「土壇場悟りを開かれ〜この世の生命体として生き延びられることを強く希望します。」
(27) 「今回の件で愛を学ばれているんですよー」
(28) 「エゴで話すのですから当たり前では?」
(29) 「電磁波は『当人も知らない他者の内側の闇を照らす光になる』とお伝えしたことありましたよね。」
(30) 「死の可能性を自ら語る【知的な茹で蛙】を、どうかご卒業されて下さい」
(31) 「万が一『あのブドウは酸っぱい』と現場を去るイソップ童話のキツネになっても、来世があるさ」

(32) 「当方が切ることはないですからね!」
(33) 「深層意識で何故他者が嫌いなのかを突き止めたり、瞑想による至福感による癒しを今行っています。」
(34)   最終回:最初で最後の筆者コメント
(35) 「ダークサイドにあるエネルギーを切っちゃうというより、感謝とお詫びの後、どうか愛で包んであげてください。」
(36) 「内側から抵抗勢力が現れ→観察し癒すという、意味ある遠回りをされるのではないカナと予想していました。

(37) 「全世界へ発信☆『あるがままの俺を認めろ〜』『俺は普通でなく自然でいる。お前も自然でいろー』」
(38) 「『これ、鏡に映った自分の姿そのものだ!』とくまくまさんがいつ気づくのか、読者はハラハラしながら(ジレながら)見守っていますよ^^」
(39) 「
ネット越しでも分かる、なかなか素晴らしい怒気ですよ ^^。頭の中にパッと鬼の面が浮かびます。」

(1)→(10)まとめ読みページ
(11)→(20)  〃
(21)→(30)  〃
(31)→(39)  〃
 

no flower no life
 
| スピ | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/2090
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH