<< 【人生の魔法】-835 愛そのもの、宇宙そのものであることが腑に落ちる | main | 2014年06月14日のつぶやき >>
超常現象を体験されている方とのやり取り(22)

「おはようございます☆
このまま梅雨に入りしそうですね。
※※さん、もう一つ追加で質問です。」

「※※さんが子供を持ったとして、その子が自分のモノサシ・かくあるべし・人間はここが大切だ!からあまりにポンと離れた個性・エネルギー・流儀を持ち毎日自分の神経を逆なでor心配させる時、その(不快・怖れといった感情を)態度や言葉に乗せず、あるがままを尊重し、わが子の魂の青写真が素直にこの世で展開されるよう、どんな日もただ支援する事は『自分は普通にできる』とお感じでしょうか?」

「※※さんのような辛い経験をした人なら、可能かもしれませんね。
逆に、自分が親からされてイヤだった事を無意識に、今度はわが子にしてしまう‥も有り得ます。ウッカリすると(無意識でいると)そうなってしまうのが人間です。
葛藤・抑圧の世代間バトンリレー』といったものが、おそらくもう何百世代に渡って行われてきているから。
性愛に関する型にハマった『かくあるべし』は、その一つの具体的なネタかな。」

「私達の代で、これまでリレーされてきた『かくあるべし』バトンを手放し、『よかよか』『何でもいい』バトンに持ち替えて次の世代へ渡す事ができたら、それは素晴らしい事だと思うし、アセンション(次元上昇)の時代に生まれた私達はこの仕事を『やったろう!』と発願し今回地球へ来たように思います。」

「昨夕のお問いかけと合わせ、何かお答えを頂戴できれば幸いです☆」

おはようごさいます。
ご質問がスピさんが寝る時間だったので、回答を控えてました。
それと、回答が難しいのとですね。
二元の世界では必ずトリニティーになるように思います。Yes、No、Both。この場合YesかNoが非常に多くなり、Bothはマイノリティーになります。

自分の事で言えば、人間は誰しも悩む生き物であると思うので、痛みの違いはあれど、それはあると思います。ただし、自分が痛みを感じる時に、他者の痛みを感じにくいとも思います。そこには自分と言うものがあるからと。

我が子がいた場合に、あるがままを尊重できるか?と言われれば、出来ない
でしょうね。親は自分の経験が子に役立つと考えるからです。

「大きく見て、公平な世界ですね。
誰かが特別、加害者でも被害者でもないという意味で。
・・本人の認識(feeling)は別にしてネ。
子供をまだ持ってなければ『あるがまま』の否定や圧迫は“未遂”ですが、想念レベルで見ると同じ☆

ー半日後ー

「※※さんの魂からメッセージを受け取りました。
現下の(※※さんのマインドの)状況から何日か私の手元に置いておこうかと思いましたが、後は宇宙にお任せし以下そのままお伝えします。」

〔お母さんのもとへ帰り、抱きしめ、『あなたは私です』と言いなさい。
それで、世界全体と和解したことになります。〕


ものすごいメッセージですね。
なんとなく、母とのわだかまりが主体では?と思っていました。


ありがとうございます。
今出先なので、明日にでも何処かで会って来たいと思います。

不思議なもので、デジャビュー感があります。

それとは別に、今日一日頭にエネルギーが集まり過ぎてて、結構辛かった。このまま上がってしまうと、生きていられるのか心配です。なんか脳内で起こっている感じすらします。僕の魂からのメッセージには、あくまで世界との和解とあるので、それがエネルギーコントロールになるかはわからない。


「意識の中が『分離』状態から『統合』へ、急激に変質(先祖返り)しているみたいですね。
波動/意識の振動数が勢いよく上昇している状態。
バシャールによれば、それはバシャールとリアルで会える直前の人間が土壇場で逃げ出しちゃうこともあるくらい、ディセンション(次元下降)を生きてきたヒトにちょっと怖いものでもあるみたいです。
『俺、どうなっちゃうんだろう』と。
※※さんは、準備が出来たから今日のこのジェットコースターが始まったので、全然大丈夫ですよ ^^
ネがとてもタフでらっしゃいますしね☆」

「明日のことは明日に、現場で待ってる『予想も付かない事』に任せましょう♪
世界との和解は魂が予言した結果に過ぎず、※※さんが『こうしてやろう』と意図するものではないから。
もともと『ワクワク』で始めた枠組みですしね ^^」

「『デジャビュー感』の話ですが、」

「並行宇宙(パラレルアース)には※※さんが子供なり養子を育ててきた地球もあって、そこでは、子供なり養子が『あなたのした事を許します。あなたは私です』と言って、※※さんをハグしてくれてるのかもしれません。
・・きっと、そうなのでしょう♥♡
やはりバシャールによれば、無限個数の地球が存在しているようですから。」

(23)へ続く


【関連】   
     二千年、三千年と親から子へ受け継がれてきたバトンが、私には見えます。
    「怖れ」から、魂由来である子供の唯一無二性に長所・短所というレッテル
     を貼ってしまう。
・・・続き

【目次】
(1)   「僕は今人が経験した事ないような不思議な目にあっています。」
(2)   「体感の変化は、周りに及ぼす影響と比べて相対的に小さいようですね。」
(3)   「ご家族は※※さんを出て行かせるがままにされているのでしょうか?」
(4)   「何処かに出口が無いとおかしい気がします。」
(5)   「君の魂のエネルギーが強すぎて観る事が出来ないと言われた事がありました。」
(6)   「例えこれにより死んだとしても本望だと。死んだように生きるより、ずっと素晴らしいからだよって。」
(7)   「仲間外れでした。泣いて帰りたいと毎日言ってましたね。いじめられてもいました。何故だか?

(8)   「僕は産まれてから今まで、自分が悪いと思ってきたんです。」
(9)   「今なら人生にYESと言えそうです。」
(10) 「違いに寛容な世界でありたいですね。」

(11) 「これは『ただ一つの正義』を奪い合う闘争ではないですから。」 
(12) 「実際言葉にして誰かに愚痴を聞いて貰った経験ってありますか?」
(13) 「父からは内股で歩くなとか、無理やり野球とかやらされましたね。母からも嫌いな活動に・・」
(14) 「むしろ家族が僕を助ける機会を奪って来たと今は思います。」

(15) 「まだまだ険しいですが、パズルピースが見えたのは心強いです。」
(16) 「受け入れない事と受け入れられない事とは同じだと気付くのです。
(17) 「どこらへんがセルフイメージなのかおっしゃって下さい。」
(18) 「闇も、モラルの闘いも、怒りも皆々愛の裏返しですしね。」
(19) 「闇に裏返っている力を、愛に帰還させてあげませんか?」
(20) 「闇はここから始まりました。母に愛されては居ないのでは?と言う疑問から。」
(21) 「自我(エゴ)レベルでは物事の一面真理しか見えない」「慈愛は結局自愛だなぁ」
(22) 「我が子がいた場合に、あるがままを尊重できるか?と言われれば、出来ないでしょうね。」
(23) 「今僕にできるのは、母を許す事です。」
(24) 「お母さんは如何でしたか?」「ハグした時に、これが必要だと思っていたと言いました。」
(25) 「私に対して『自業自得』と思ってられるご想念・そのもの思い方のパターンが、電磁波の原因だと思いますよ。」
(26) 「もう長くは持たないと思っています。」
           (中略)
        「土壇場悟りを開かれ〜この世の生命体として生き延びられることを強く希望します。」
(27) 「今回の件で愛を学ばれているんですよー」
(28) 「エゴで話すのですから当たり前では?」
(29) 「電磁波は『当人も知らない他者の内側の闇を照らす光になる』とお伝えしたことありましたよね。」
(30) 「死の可能性を自ら語る【知的な茹で蛙】を、どうかご卒業されて下さい」
(31) 「万が一『あのブドウは酸っぱい』と現場を去るイソップ童話のキツネになっても、来世があるさ」

(32) 「当方が切ることはないですからね!」
(33) 「深層意識で何故他者が嫌いなのかを突き止めたり、瞑想による至福感による癒しを今行っています。」
(34)   最終回:最初で最後の筆者コメント
(35) 「ダークサイドにあるエネルギーを切っちゃうというより、感謝とお詫びの後、どうか愛で包んであげてください。」
(36) 「内側から抵抗勢力が現れ→観察し癒すという、意味ある遠回りをされるのではないカナと予想していました。

(37) 「全世界へ発信☆『あるがままの俺を認めろ〜』『俺は普通でなく自然でいる。お前も自然でいろー』」
(38) 「『これ、鏡に映った自分の姿そのものだ!』とくまくまさんがいつ気づくのか、読者はハラハラしながら(ジレながら)見守っていますよ^^」
(39) 「
ネット越しでも分かる、なかなか素晴らしい怒気ですよ ^^。頭の中にパッと鬼の面が浮かびます。」

(1)→(10)まとめ読みページ
(11)→(20)  〃
(21)→(30)  〃
(31)→(39)  〃
 

love

love
 
| スピ | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/2070
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH