<< 【人生の魔法】-834 精妙な世界 | main | 2014年06月13日のつぶやき >>
超常現象を体験されている方とのやり取り(21)

「今、John Lennonの『マザー』という唄の歌詞を読んでいました。
母だけでなく父にも呼びかける唄で、必要としたのにされなかった・見捨てなかったのに見捨てられたと出てきます。
そして最後に子供達へ『僕と同じ事を繰り返し、脚力をかえりみず走っちゃイケナイよ』と。」

「最後にデトックスされている(その方向が暗示されている)なぁと。
『行かないで』『戻ってきて』で終わりもするのですが。」

「今『戻ってきて』と思ってるのは、※※さんのお母さんですね。」
「地球社会もかな。『戻ってきて』と。」

「『ちゃぶ台返し光線』は、その光源である想念からもう矛におさめてもいいのでは?
『もういい』と腑に落とせば、電磁波は、消えるか、人を救う性質のものへ反転するのではないでしょうか。
どちらの側がモラルに叶うかは『もはやどうでもいい』と腑に落ちれば。」

そうですね。、やってみます。

ただ、「もういい」と腑に落とすというのが、これでいいという感触の無いものなだけに、よくわからないのです。

スピさんの場合、例えばどのように「なんでもいい」と腑に落としたのですか?明日教えて下さい。
いつも、すみません。
ありがとうございます。


『自分もヒドイ事をしてきたなぁ』という単純な理解でしょうか。
私の言動が今も念/傷として残ってらっしゃる方・・相当数いらっしゃると考えるのが妥当です。
でもその当座は結構“純粋な”気持ちで、自分のモノサシに基づき、勇気を振り絞るくらいの感じで相手に言動をブツけました。」

「『自我(エゴ)レベルでは物事の一面真理しか見えない
 『一面しか見えない同士がポカスカ(精神的生存を賭けて)殴り合ってる』
 という構造を痛感し、その営みを俯瞰して見てる魂の目や視点を意識(ちょっと同化)し、
『これは・・真理は【何でもいい】なんだな』と理解しました。」

「また、国際社会で繰り広げられてる、人のマインドが絡んだ(一見ロジカルな)争いもまったく同じ構図なので、悟るところがありました。
『みんな正しい』と。
五次元の視点です。」

「それと、、自分が【よかよか】と許されてきた経験があって、非寛容より寛容の方がウンと素敵だなぁ・自分自身にも優しいなぁ・慈愛は結局自愛だなぁと気づいた事も大きかったです☆」

「宇宙(星空)を見ても、『かくあるべし』はなく、ブラックホール含めみんな超あるがままだしね。
オオカミを頂上にした森の生態系も。」

「全体を見ると、むしろ交響楽団的。
みんなあるがままだと結果的にシンフォニーになるという予定調和の魔法が、宇宙には在るようです。
最終的に、その叡知にこうべを垂れる感じカナ。
『なんでもいい』マジックに。」

「しゆいさんも
私もヒドイ事をしたという悔いる思いが重要なキッカケになった』
とコメントされています。」

「『どっちもどっち』
『みんな痛みをかかえて生きている』
は、腑に落ちますか?」


(22)へ続く


【関連】
  母親が自分とは異なるわが子の遺伝子を子宮に受けいれなければ、免疫機能の
      180度逆をいく寛容(トレランス)の仕組みが機能しなければ、私が(現在の設定
      で)この世に生を受けることもありませんでした。
    スタートがすべて暗示しているように思います。・・・続き


【目次】
(1)   「僕は今人が経験した事ないような不思議な目にあっています。」
(2)   「体感の変化は、周りに及ぼす影響と比べて相対的に小さいようですね。」
(3)   「ご家族は※※さんを出て行かせるがままにされているのでしょうか?」
(4)   「何処かに出口が無いとおかしい気がします。」
(5)   「君の魂のエネルギーが強すぎて観る事が出来ないと言われた事がありました。」
(6)   「例えこれにより死んだとしても本望だと。死んだように生きるより、ずっと素晴らしいからだよって。」
(7)   「仲間外れでした。泣いて帰りたいと毎日言ってましたね。いじめられてもいました。何故だか?

(8)   「僕は産まれてから今まで、自分が悪いと思ってきたんです。」
(9)   「今なら人生にYESと言えそうです。」
(10) 「違いに寛容な世界でありたいですね。」

(11) 「これは『ただ一つの正義』を奪い合う闘争ではないですから。」 
(12) 「実際言葉にして誰かに愚痴を聞いて貰った経験ってありますか?」
(13) 「父からは内股で歩くなとか、無理やり野球とかやらされましたね。母からも嫌いな活動に・・」
(14) 「むしろ家族が僕を助ける機会を奪って来たと今は思います。」

(15) 「まだまだ険しいですが、パズルピースが見えたのは心強いです。」
(16) 「受け入れない事と受け入れられない事とは同じだと気付くのです。
(17) 「どこらへんがセルフイメージなのかおっしゃって下さい。」
(18) 「闇も、モラルの闘いも、怒りも皆々愛の裏返しですしね。」
(19) 「闇に裏返っている力を、愛に帰還させてあげませんか?」
(20) 「闇はここから始まりました。母に愛されては居ないのでは?と言う疑問から。」
(21) 「自我(エゴ)レベルでは物事の一面真理しか見えない」「慈愛は結局自愛だなぁ」
(22) 「我が子がいた場合に、あるがままを尊重できるか?と言われれば、出来ないでしょうね。」
(23) 「今僕にできるのは、母を許す事です。」
(24) 「お母さんは如何でしたか?」「ハグした時に、これが必要だと思っていたと言いました。」
(25) 「私に対して『自業自得』と思ってられるご想念・そのもの思い方のパターンが、電磁波の原因だと思いますよ。」
(26) 「もう長くは持たないと思っています。」
           (中略)
        「土壇場悟りを開かれ〜この世の生命体として生き延びられることを強く希望します。」
(27) 「今回の件で愛を学ばれているんですよー」
(28) 「エゴで話すのですから当たり前では?」
(29) 「電磁波は『当人も知らない他者の内側の闇を照らす光になる』とお伝えしたことありましたよね。」
(30) 「死の可能性を自ら語る【知的な茹で蛙】を、どうかご卒業されて下さい」
(31) 「万が一『あのブドウは酸っぱい』と現場を去るイソップ童話のキツネになっても、来世があるさ」

(32) 「当方が切ることはないですからね!」
(33) 「深層意識で何故他者が嫌いなのかを突き止めたり、瞑想による至福感による癒しを今行っています。」
(34)   最終回:最初で最後の筆者コメント
(35) 「ダークサイドにあるエネルギーを切っちゃうというより、感謝とお詫びの後、どうか愛で包んであげてください。」
(36) 「内側から抵抗勢力が現れ→観察し癒すという、意味ある遠回りをされるのではないカナと予想していました。

(37) 「全世界へ発信☆『あるがままの俺を認めろ〜』『俺は普通でなく自然でいる。お前も自然でいろー』」
(38) 「『これ、鏡に映った自分の姿そのものだ!』とくまくまさんがいつ気づくのか、読者はハラハラしながら(ジレながら)見守っていますよ^^」
(39) 「
ネット越しでも分かる、なかなか素晴らしい怒気ですよ ^^。頭の中にパッと鬼の面が浮かびます。」

(1)→(10)まとめ読みページ
(11)→(20)  〃
(21)→(30)  〃
(31)→(39)  〃
 

love
 
| スピ | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/2069
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH