<< 【人生の魔法】-828 自分の本物になる、短くはない旅 | main | 2014年06月07日のつぶやき >>
超常現象を体験されている方とのやり取り(15)

「※※さん、こんにちは☆
世の人を怒らせたり、その場にそのままいられなくさせる電磁波(光)の泉源について、※※さんの魂からメッセージを頂きましたのでお伝えします。
※※さんがご自身を、自分をイジメたり差別したり攻撃してきた人より『モラル的に上位に置いて』いるからです。」

「今一つ、※※さんの魂からメッセージあり。
『モラルは人間界のもので、人の頭には優劣や差があるように理解できるけど、宇宙から見るとまったく対等ですよ。』
と。」

「電磁波は、※※さんの内観がまだ及んでいない想念が物質化されたもの。
『我慢しながら人に迷惑をかけないよう生きてきた』モラルの高い自分像(セルフイメージ)から逸脱する、なかなか認め難い部分かと思いますが、人の安寧な生活をガーン!破壊する念のパワーを現に自分が持っていると認める時が来ているのではないでしょうか。」

ありがとうございます。確かに最初に家を出る時に、本来仕方の無い事だけど、眠れない人が居るのでは仕方が無いと思いました。つまり、誰も悪くは無いのです。

「はい。」

モラルが高い=不自由
ですね。


「世界という馬鹿正直な3D鏡が、※※さんも気づいていない念を、怒ったり抗議してきたりする人の姿(自身の投影)を通じて知らせてくれている。
という構造です。
モラルが高い/低いの思考があると、そこから念が生まれますよね。」

     「人に対して破壊的な。」

     「そこを皆さんは怒ってられるのです。」

だから、僕の自我はこんなに真面目に生きて来てこれなのか‼︎って叫んでいますね。(笑)

「真面目と真面目の激突。モラルとモラルの激突。
宇宙から見たら、もろドングリの背比べなのですが。」

破壊的になるのは行き過ぎていると言うことなのですかね。僕は自虐的とかつて言われてました。

「意識下のレベル(念)では他罰的に作動していますよね。
だから平和を破る電磁波となる。」

つまり、無意識に他人を罰していると?

「表面意識では感知・関知していないけど、破壊的・他罰的な電磁波もまた※※さんの一部。※※さん想念エネルギーそのものです。
奥の方にある未自覚の念と、まだ分離されている状態かと思います。
意識の中に明かりの点いていない部屋がある・・といった形です。」

「今回、闇の部分(電磁波につながる想念エネルギー)が他者の反応を通じて表面化することで、長らく続いた『分離』から『統合』へ転じるプロセスの号砲が鳴ったのではないでしょうか。」

「大きくみてポジティブです。
救いでもあり。」

「意識の世界を統合し、振動を上げ、アセンション(次元上昇)する時代ですから ^^」

僕がそうなる(モラル意識)になるのも、先天的な部分と後天的な部分があるように思います。ひとつは、前世のなかで非常にモラルを強いるかなにかがある気がします。もう一つは、同性愛として社会に認められないと、考える部分かが、自虐的にモラルにこだわらせます。

「はい。そうかと思います。」

「ただ、具体的なネタや道筋が異なるだけで、誰もがそれぞれのモラル意識・「かくあるべし」を持っています。
※※さんだけじゃないよ。」

と、いうことは、未認識の部屋を見つけて統合する。これが目的となるのですね。いま伺って、ぼんやりあったパズルのピースが、真っ白からすこし模様が浮かんだ気がします。

「はい。
※※さんも言ってられた【内観を深める】が、シンプルな解決の道筋になります。
明かりの点いていない部屋に、どんどん明かりを灯してゆく形です。
アセンション(次元上昇)前の人は、皆、明かりの点いていない部屋だらけなので、まぁ普通(の取り組み)ですね。
今の時代にあった☆」

ありがとうございます。
まだまだ険しいですが、パズルピースが見えたのは心強いです。
この車生活で、いろいろな暮らしをしている人に会いました。
それも体験させらていると感じております。


「はい。」

「海外行かれたらどうかと思ってました。」

「インド放浪とか(笑)」

パートナーに言われましたよ。(笑)

「はは。」

「『モラル他流試合』を重ねると、こだわり持ってきた部分が楽になるかも。
やはり、生まれた国の「かくあるべし」に決定的に影響される私達ですから。」

僕の影響している前世イメージは、荒れ野の中東の男性です。前世を観られる人によれば、イスラエルで戒律などを決めていた人で、最期は追われる事にだそうです。

「なんか、すっごい分かる〜
ビンゴ!です。」

キリスト教系らしいっす。

「【よかよか】修行という道が見えてきますね。
三次元レベルの『かくあるべし』から、宇宙レベルの『何でもいい!』にアセンション♪
宗教戦争や文化摩擦を起こす私達集団意識の進化の道筋とも合致します。
※※さんの今回のご経験とシェアは、世界のお役に立ちますよー」

「モラル(の上下観念)あたりから内観のセンサーを深くおろしてゆかれるのがいいように感じます。」

ありがとうございます。
同性愛も皮肉ですね。最近本屋のH DVDのタイトルが、インモラルで尼さんがお尻丸出しカバーでした。なんかパズルピース(笑)


「それ、魂から三次元世界へのスルーパス・キラーパスです。
遊び心込みでメッセージ届けてくれますからねぇ、あちらは♪」

(16)へ続く


【関連】
【目次】
(1)   「僕は今人が経験した事ないような不思議な目にあっています。」
(2)   「体感の変化は、周りに及ぼす影響と比べて相対的に小さいようですね。」
(3)   「ご家族は※※さんを出て行かせるがままにされているのでしょうか?」
(4)   「何処かに出口が無いとおかしい気がします。」
(5)   「君の魂のエネルギーが強すぎて観る事が出来ないと言われた事がありました。」
(6)   「例えこれにより死んだとしても本望だと。死んだように生きるより、ずっと素晴らしいからだよって。」
(7)   「仲間外れでした。泣いて帰りたいと毎日言ってましたね。いじめられてもいました。何故だか?

(8)   「僕は産まれてから今まで、自分が悪いと思ってきたんです。」
(9)   「今なら人生にYESと言えそうです。」
(10) 「違いに寛容な世界でありたいですね。」

(11) 「これは『ただ一つの正義』を奪い合う闘争ではないですから。」 
(12) 「実際言葉にして誰かに愚痴を聞いて貰った経験ってありますか?」
(13) 「父からは内股で歩くなとか、無理やり野球とかやらされましたね。母からも嫌いな活動に・・」
(14) 「むしろ家族が僕を助ける機会を奪って来たと今は思います。」

(15) 「まだまだ険しいですが、パズルピースが見えたのは心強いです。」
(16) 「受け入れない事と受け入れられない事とは同じだと気付くのです。
(17) 「どこらへんがセルフイメージなのかおっしゃって下さい。」
(18) 「闇も、モラルの闘いも、怒りも皆々愛の裏返しですしね。」
(19) 「闇に裏返っている力を、愛に帰還させてあげませんか?」
(20) 「闇はここから始まりました。母に愛されては居ないのでは?と言う疑問から。」
(21) 「自我(エゴ)レベルでは物事の一面真理しか見えない」「慈愛は結局自愛だなぁ」
(22) 「我が子がいた場合に、あるがままを尊重できるか?と言われれば、出来ないでしょうね。」
(23) 「今僕にできるのは、母を許す事です。」
(24) 「お母さんは如何でしたか?」「ハグした時に、これが必要だと思っていたと言いました。」
(25) 「私に対して『自業自得』と思ってられるご想念・そのもの思い方のパターンが、電磁波の原因だと思いますよ。」
(26) 「もう長くは持たないと思っています。」
           (中略)
        「土壇場悟りを開かれ〜この世の生命体として生き延びられることを強く希望します。」
(27) 「今回の件で愛を学ばれているんですよー」
(28) 「エゴで話すのですから当たり前では?」
(29) 「電磁波は『当人も知らない他者の内側の闇を照らす光になる』とお伝えしたことありましたよね。」
(30) 「死の可能性を自ら語る【知的な茹で蛙】を、どうかご卒業されて下さい」
(31) 「万が一『あのブドウは酸っぱい』と現場を去るイソップ童話のキツネになっても、来世があるさ」

(32) 「当方が切ることはないですからね!」
(33) 「深層意識で何故他者が嫌いなのかを突き止めたり、瞑想による至福感による癒しを今行っています。」
(34)   最終回:最初で最後の筆者コメント
(35) 「ダークサイドにあるエネルギーを切っちゃうというより、感謝とお詫びの後、どうか愛で包んであげてください。」
(36) 「内側から抵抗勢力が現れ→観察し癒すという、意味ある遠回りをされるのではないカナと予想していました。

(37) 「全世界へ発信☆『あるがままの俺を認めろ〜』『俺は普通でなく自然でいる。お前も自然でいろー』」
(38) 「『これ、鏡に映った自分の姿そのものだ!』とくまくまさんがいつ気づくのか、読者はハラハラしながら(ジレながら)見守っていますよ^^」
(39) 「
ネット越しでも分かる、なかなか素晴らしい怒気ですよ ^^。頭の中にパッと鬼の面が浮かびます。」

(1)→(10)まとめ読みページ
(11)→(20)  〃
(21)→(30)  〃
(31)→(39)  〃
 

no flower no life
 
| スピ | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/2056
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH