<< 【人生の魔法】-827 立派になるより自分になる | main | 2014年06月06日のつぶやき >>
超常現象を体験されている方とのやり取り(14)

「※※さん、しゆいです。わたしが向こうのブログに書いている『親に精神病扱いされた。入院させられた。薬漬けになった。副作用を誰にもとりあってもらえなかった30年という長い間』 現在はこれらを認めていく1年生であります。

巨大な痛みを消化していく1年生、って気がしています。」

おはよ〜

「※※さんはよく話してくださいましたね。今とても苦しさのなかにいらっしゃると思います。」

医学って全然進歩してないから、僕は医療を信用してませんね。

苦しいのは家族やパートナーを思えばなだけです。自分は意外に苦しくないですよ。


「そうですね。こちらの場合、親がある意味妄信していましたので。

※※さんは打ち明ける機会がほとんどなかったのですよね。」

そう。ひとりでなんでも対処してきました。

「わたしは発散型、自暴自棄タイプでさまざまな人々に迷惑をかけてきました。逆に※※さんのように一人で背負い込むタイプのことは想像でしかないのですが煮詰め方が苦しそうに感じたもので」

苦しいのは、
家族にゲイを理解してもらえないとか、電磁波出ることを人々に理解されないがあるのですが、理解されなくてもいいやとすると楽です。むしろ、いままで家族が僕を助ける機会を奪って来たと今は思います。


「ひとは変えられないですものね。」

今はゲイを理解してもらってますよ。安心して。不思議なもので、理解されないと思う限り理解されないんです。理解されなくてもいいやとすると、理解されるみたいですよ。

「なるほど!」

しゆいさんも、誰かに機会を提供しているのだと。安心して心のままに放出して下さいね。

「ありがとうございます。そして※※さんの強靭さを感じられて嬉しかったです。

適切かどうかはわかりませんけども、

※※さんの対処の仕方には男性性を思います。心配や迷惑をかけようとしない感じとか。

そういう個性でいらっしゃるのですね。」

そうですね。逆を返せば、人にさせないケチとも言えますね。

「そう♪」

「しゆいです。もうひとつ伺ってもよろしいでしょうか。※※さんの幻聴はどういった時にどういった内容で聴こえてくるのでしょうか。お嫌でしたら無回答でも。」

嫌じゃないですよ。
この先腹をくくったら、世界に向けて全てを発信してもいいくらいだから。
幻聴は抗議しようとする人の会話です。実際である可能性もあります。見えない限り本当かは微妙な位置に、僕は分類しています。


「※※さんのサイキックに『視える』はありますか?」

視えるは無いですが、なんとなくわかってしまうはあります。

「なるほど。

きょうのお昼は食べましたか?」

食べましたよ。

「よかった。精神的に穏やかに過ごされているようで。そこが私と違うところなんだなあ、と感じました。わたしは混乱し自暴自棄になっていたからこそ病院に担ぎ込まれた過去への理解が進みました。」

穏やかじゃないのは家を出る前でしたね。こういう闇から光りに向かう時には、魔が差すというように引き止めるものがあるんだって。それに2回引き止められそうになりました。そん時が一番苦しかった。いままでの苦しみが1度に来る感じ。スピさんの方が詳しいよ。

(15)へ続く


【関連】
【目次】
(1)   「僕は今人が経験した事ないような不思議な目にあっています。」
(2)   「体感の変化は、周りに及ぼす影響と比べて相対的に小さいようですね。」
(3)   「ご家族は※※さんを出て行かせるがままにされているのでしょうか?」
(4)   「何処かに出口が無いとおかしい気がします。」
(5)   「君の魂のエネルギーが強すぎて観る事が出来ないと言われた事がありました。」
(6)   「例えこれにより死んだとしても本望だと。死んだように生きるより、ずっと素晴らしいからだよって。」
(7)   「仲間外れでした。泣いて帰りたいと毎日言ってましたね。いじめられてもいました。何故だか?

(8)   「僕は産まれてから今まで、自分が悪いと思ってきたんです。」
(9)   「今なら人生にYESと言えそうです。」
(10) 「違いに寛容な世界でありたいですね。」

(11) 「これは『ただ一つの正義』を奪い合う闘争ではないですから。」 
(12) 「実際言葉にして誰かに愚痴を聞いて貰った経験ってありますか?」
(13) 「父からは内股で歩くなとか、無理やり野球とかやらされましたね。母からも嫌いな活動に・・」
(14) 「むしろ家族が僕を助ける機会を奪って来たと今は思います。」

(15) 「まだまだ険しいですが、パズルピースが見えたのは心強いです。」
(16) 「受け入れない事と受け入れられない事とは同じだと気付くのです。
(17) 「どこらへんがセルフイメージなのかおっしゃって下さい。」
(18) 「闇も、モラルの闘いも、怒りも皆々愛の裏返しですしね。」
(19) 「闇に裏返っている力を、愛に帰還させてあげませんか?」
(20) 「闇はここから始まりました。母に愛されては居ないのでは?と言う疑問から。」
(21) 「自我(エゴ)レベルでは物事の一面真理しか見えない」「慈愛は結局自愛だなぁ」
(22) 「我が子がいた場合に、あるがままを尊重できるか?と言われれば、出来ないでしょうね。」
(23) 「今僕にできるのは、母を許す事です。」
(24) 「お母さんは如何でしたか?」「ハグした時に、これが必要だと思っていたと言いました。」
(25) 「私に対して『自業自得』と思ってられるご想念・そのもの思い方のパターンが、電磁波の原因だと思いますよ。」
(26) 「もう長くは持たないと思っています。」
           (中略)
        「土壇場悟りを開かれ〜この世の生命体として生き延びられることを強く希望します。」
(27) 「今回の件で愛を学ばれているんですよー」
(28) 「エゴで話すのですから当たり前では?」
(29) 「電磁波は『当人も知らない他者の内側の闇を照らす光になる』とお伝えしたことありましたよね。」
(30) 「死の可能性を自ら語る【知的な茹で蛙】を、どうかご卒業されて下さい」
(31) 「万が一『あのブドウは酸っぱい』と現場を去るイソップ童話のキツネになっても、来世があるさ」

(32) 「当方が切ることはないですからね!」
(33) 「深層意識で何故他者が嫌いなのかを突き止めたり、瞑想による至福感による癒しを今行っています。」
(34)   最終回:最初で最後の筆者コメント
(35) 「ダークサイドにあるエネルギーを切っちゃうというより、感謝とお詫びの後、どうか愛で包んであげてください。」
(36) 「内側から抵抗勢力が現れ→観察し癒すという、意味ある遠回りをされるのではないカナと予想していました。

(37) 「全世界へ発信☆『あるがままの俺を認めろ〜』『俺は普通でなく自然でいる。お前も自然でいろー』」
(38) 「『これ、鏡に映った自分の姿そのものだ!』とくまくまさんがいつ気づくのか、読者はハラハラしながら(ジレながら)見守っていますよ^^」
(39) 「
ネット越しでも分かる、なかなか素晴らしい怒気ですよ ^^。頭の中にパッと鬼の面が浮かびます。」

(1)→(10)まとめ読みページ
(11)→(20)  〃
(21)→(30)  〃
(31)→(39)  〃
 

no flower no life
 
| スピ | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/2055
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH