<< 2014年06月26日のつぶやき | main | 超常現象を体験されている方とのやり取り(33) >>
【人生の魔法】-848 「許す」という究極の自愛行為

 許すと負けや相手の「正しさ」を認めることになり、いっそう自分は不当に苦しい・割の合わない場所へ追い込まれてしまう‥と思う。

 生存を賭けた闘いとして許せない。
 自分は、不当・不正が解消された場所に進む。
 そしてようやく借金が清算されてチャラになる。
 あるべき状況に復帰する。

 エゴの発想法です。
 動物的なサバイバル本能に人間の知性が乗っかり、「許せない!」となる。
 相手は間違っていて自分は正しいという思考のツボにハマってゆく。

 身体の中で心臓と肝臓が「俺の生き方の方が正しい」と緊張を高め合ってるような状態ですね。
 本当はどちらも正しい。
 胃袋的な生き方・すい臓的な在り方含め、皆正しい。
 真に生存と平安を求めるなら、あるがまま認め合うだけ。

 ・・と理解できないのがエゴ。
 別の臓器的生き方・在り方に圧迫されたと認識し「許せない!」。
 サバイバル本能から出たエネルギーが、かえって生存と平安をアヤシくする。

 国際社会も、ほぼ同じようなドラマを展開中。
 体内の臓器同士の関係にはいまだ至らず。

 個人及び集団意識の伸びシロが見えます。
「許せない!」からあるがまま許すへの。
 究極の自傷行為から究極の自愛行為への。

 エゴが「結局俺を傷つけてる」と気づくまで幾ばくかのプロセスあり。
 許すはちっとも負けじゃないと気づくまで。

 面白い道を辿っていますね、私達。
 当り前のように調和している体内や森の生態系がマブしい。

 人それぞれの危機を体験しながら、
 エゴは『予定調和の愛』に目覚めていっています。

 慈愛は自愛。
 寛容も自愛。
 繁栄を共受。

 違った流儀・考え方も【よかよか】♥


【関連】
      無意識のはたらきを敢えて表面化させ、言葉に直します。
   『プライドをズタズタにされた分、他者のプライドをズタズタにしていい』
     ・・というスイッチが入り、長年生きてきました。・・・(続き)

 
     意識が成長・拡大していく過程で、たくさんの呑み難きものに出会います。・・・(続き)

no flower no life

no flower no life
 
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH