<< 【人生の魔法】-820 結果への期待より、この瞬間の萌え・ワクワク・情熱 | main | 2014年05月30日のつぶやき >>
超常現象を体験されている方とのやり取り(7)

「自分でよくやってきた自分を認め、ハグしてあげてください。
『勇気をふりしぼりよく頑張ったね』と。
これ、※※さんの魂が※※さんを見る視点なんですよ。もちろん、無条件の愛でね。
心が鎮まると、ハグされている自分をお感じになる筈です。」

ありがとうございます。今朝は自分との和解に取り組んでいます。途中胸が痛くなり、ゲップも沢山でました。

「しゆいです。
ゲップのくだりがリアルにわかります。
順調に和解されてるなー、と感じました。」

ありがとうʕ•͡ω•ʔ

いまはこの空虚さがどこから来るのかに取り組んでいます。昔から地球に降り立った異星人的な感覚で、何に対しても馴染めない感じでした。


「AWAYに来た事ではなく、多分に『自分が自分でなくなった』からではないでしょうか?
地球への冒険旅行そのものは、純粋にワクワクされた筈。幼な子の時代は、その勢いで嬉々とされていたと存じます。
自然に生きたい子供を『かくあるべし』にハメて元気を奪う仕組みが、この星には存在しますネ。」

自分でなくなるのは後天的という意味だと思いますが、僕は物心ついた時からなんです。それと、内観をしても少しはネガティブ性には当たりますが、そんなでもないんですね。空虚感の方が断然強いんです。

「歓声あげて遊んでる幼稚園児達の中で、どういう存在だったのですか?」

仲間外れでした。泣いて帰りたいと毎日言ってましたね。いじめられてもいました。何故だか?

「思い切って申し上げますが、ネット越しでもイジメられっ子オーラというか、『僕をイジメて』という人を惑わす魔の雰囲気が伝わってきていました。
以前DMで、職場でのやり取りなど相談いただいた事ありましたよね。
『反発を感じる側の問題なので気にしないで』とお答えした記憶があります。」

はい。職場ではないですが、そうですね。

それは寂しさの裏返しなのでしょうか?


「仏教で『縁』という言い方があり、それは殺人をする縁だったり人を虐げる縁だったり、それがなくてはできない事/経験がある‥といった意味です。
※※さんは、違和感を感じられてイジメられるという『縁』を、今世、実はご自身で選ばれたのではないでしょうか?
魂のバランスを回復する為に。

おおう。なんとハードな道を選らんじゃうんですかね。確かにどこ行っても、反発を食らいます。今もそうです。カルマなのでしょうか?

「カルマと一般に言われているものは、思い癖です。
思い癖を解放したら、もう同じパターンの辛いメには遭わなくなり『カルマ解消』となります。
例えば過去世、イジメる側の物の思い方を膨らませていて、それを解消(中和)するため、逆の立場をディープに経験されているのかもしれません。」

結構理不尽なパターンが多いんです。ゲイとかエネルギーとか自分ではどうすることも出来ない要素に対していじめられるので。

「合理的な理由がないから、悟れるんじゃないでしょうか?
答えを書いちゃいますね。
『よく分からないもの、自分とは違うもの、理解できないもの、愚かにすら見えるものをあるがまま尊重する事が大切だ。
宇宙はそうできてる。』

と。
※※さんにもジャッジの心はおありでしょう?」

あります。理不尽とは、逆を返せばそれはあってはならないですしね。では、僕は受け止めるしかないのでしょうか?

『善悪の観念でジャッジしてしまう同士、できるだけ仲良くしてゆきましょう』でOKなのでは?
ジャッジしてしまう自分を認めて他人も認める。
公平なフィールドです。
その上で、物理的に『うるさい』相手はただスルっとスルーするだけなのでしょう。
無意識に出るNoの電磁波で痛めつけずともね。」

いじめられるのはもう慣れているのでスルーは出来るんですがね。流石に無意識に出るやつのほうは、人生最大と言えるくらいに厄介です。

「『無意識の世界にセンサーをおろし、内観の質を深める時が来ています』
※※さんの魂が、私に教えてくれました。
『思い癖。その根っこにある乾き混乱した想いエネルギーに気づき、これから地道に整えていくと、大きな幸せが訪れますヨ』と。
『人がどうこうではなく、本当に自分次第です』と☆」

「そろそろ力尽きるので就寝させていただきます。
おやすみなさい。」

ありがとうございます。おやすみなさい。地道になんですね。そうか、まだ出会ってないんですね。

(8)へ続く

【目次】
(1)   「僕は今人が経験した事ないような不思議な目にあっています。」
(2)   「体感の変化は、周りに及ぼす影響と比べて相対的に小さいようですね。」
(3)   「ご家族は※※さんを出て行かせるがままにされているのでしょうか?」
(4)   「何処かに出口が無いとおかしい気がします。」
(5)   「君の魂のエネルギーが強すぎて観る事が出来ないと言われた事がありました。」
(6)   「例えこれにより死んだとしても本望だと。死んだように生きるより、ずっと素晴らしいからだよって。」
(7)   「仲間外れでした。泣いて帰りたいと毎日言ってましたね。いじめられてもいました。何故だか?

(8)   「僕は産まれてから今まで、自分が悪いと思ってきたんです。」
(9)   「今なら人生にYESと言えそうです。」
(10) 「違いに寛容な世界でありたいですね。」

(11) 「これは『ただ一つの正義』を奪い合う闘争ではないですから。」 
(12) 「実際言葉にして誰かに愚痴を聞いて貰った経験ってありますか?」
(13) 「父からは内股で歩くなとか、無理やり野球とかやらされましたね。母からも嫌いな活動に・・」
(14) 「むしろ家族が僕を助ける機会を奪って来たと今は思います。」

(15) 「まだまだ険しいですが、パズルピースが見えたのは心強いです。」
(16) 「受け入れない事と受け入れられない事とは同じだと気付くのです。
(17) 「どこらへんがセルフイメージなのかおっしゃって下さい。」
(18) 「闇も、モラルの闘いも、怒りも皆々愛の裏返しですしね。」
(19) 「闇に裏返っている力を、愛に帰還させてあげませんか?」
(20) 「闇はここから始まりました。母に愛されては居ないのでは?と言う疑問から。」
(21) 「自我(エゴ)レベルでは物事の一面真理しか見えない」「慈愛は結局自愛だなぁ」
(22) 「我が子がいた場合に、あるがままを尊重できるか?と言われれば、出来ないでしょうね。」
(23) 「今僕にできるのは、母を許す事です。」
(24) 「お母さんは如何でしたか?」「ハグした時に、これが必要だと思っていたと言いました。」
(25) 「私に対して『自業自得』と思ってられるご想念・そのもの思い方のパターンが、電磁波の原因だと思いますよ。」
(26) 「もう長くは持たないと思っています。」
           (中略)
        「土壇場悟りを開かれ〜この世の生命体として生き延びられることを強く希望します。」
(27) 「今回の件で愛を学ばれているんですよー」
(28) 「エゴで話すのですから当たり前では?」
(29) 「電磁波は『当人も知らない他者の内側の闇を照らす光になる』とお伝えしたことありましたよね。」
(30) 「死の可能性を自ら語る【知的な茹で蛙】を、どうかご卒業されて下さい」
(31) 「万が一『あのブドウは酸っぱい』と現場を去るイソップ童話のキツネになっても、来世があるさ」

(32) 「当方が切ることはないですからね!」
(33) 「深層意識で何故他者が嫌いなのかを突き止めたり、瞑想による至福感による癒しを今行っています。」
(34)   最終回:最初で最後の筆者コメント
(35) 「ダークサイドにあるエネルギーを切っちゃうというより、感謝とお詫びの後、どうか愛で包んであげてください。」
(36) 「内側から抵抗勢力が現れ→観察し癒すという、意味ある遠回りをされるのではないカナと予想していました。

(37) 「全世界へ発信☆『あるがままの俺を認めろ〜』『俺は普通でなく自然でいる。お前も自然でいろー』」
(38) 「『これ、鏡に映った自分の姿そのものだ!』とくまくまさんがいつ気づくのか、読者はハラハラしながら(ジレながら)見守っていますよ^^」
(39) 「
ネット越しでも分かる、なかなか素晴らしい怒気ですよ ^^。頭の中にパッと鬼の面が浮かびます。」

シリーズ全編、まとめ読みページ


【関連】
| スピ | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/2036
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH