<< 【人生の魔法】-818 少年の多幸感は本当で 中年の憂鬱は一時的な雲 | main | 超常現象を体験されている方とのやり取り(5) >>
超常現象を体験されている方とのやり取り(4)

「人間以外の生き物、草花や自然(ex雲や風)は、※※さんのエネルギーにネガティブな反応を示さずあるがまま受け容れてくれてる感じでしょうか?
ロックを聴かせた蜂は怒って襲ってくるという話をきいた事があります。
今回の件は『人間に限る』のかどうかが、割と重要な要素かと思いまして。」

河原で瞑想していると、猫やタヌキが目の前に来て逃げもせずに居ますね。あれ?僕が見えてないのかな?と思う位です。気のせいかも知れませんが、予報は悪くても日が差し込みます。特に心がインスピレーション浮かぶ時に。

「怖れる様子を見せない動物も、抗議してくる男女カップル等の人間達も、インスピレーションと共に射してくる陽光も、皆例外なく物質世界というスクリーンに投影された※※さんの想いエネルギー‥なのかもしれませんね。
無の世界(ドロドロの量子のスープ)に※※さんが命令を出している形で。」

素直になり時であると感じますね。何故?表層意識が驚く命令を出すのか?が。

怒りの投影で怒ってる人を見る、とか。
異性間のパートナーシップに何か想いがあり、色々な男女カップルから抗議を受けるとか。
IT機器が※※さんの想いを汲み取った反応を示すとか。

これは私のインスピレーションです。
失礼であればお許しくださいね。」

全然失礼な事はありませんので、気兼ね無く言って下さい。なんとなく、僕は沢山我慢したのにおいてかれているという思いはあります。とにかく長男でありとあらゆる問題に対応させられました。

ただ、出ているのは出ている感じです。特定の行為に限定されません。人生の前半は家庭環境がすごく荒れて、子供として振る舞えず、大人になり何の希望も抱かなくなりましたね。


「なるほど。」

超常現象を起こすほどの念が意識下に蓄積しており、今回、怒涛の勢いで外の世界へ投影され出した・・と考えたら辻褄が合いますね。
まぁ災害といえば災害ですが、大きく見たら癒しと救いのプロセスであると感じます。
長い年月手つかずだった内なる闇に光が当たりだしたと。
今の時代らしいですね。」

僕もそんな気がします。なので悪い事じゃない気がしてました。ハードランディングな分、実現が早い感じが。

「最初のDMをいただき『どういったエネルギーなのでしょうか?』お尋ねした際、『怒りのエネルギーなのかな?』と思いました。
こうしてやり取りを続けながら、痛み混乱したMyエネルギーと今回メデタク向かい合い始められた※※さんを感じています。
銀行なら不良債権を一括処理する感じですね。」

怒りもあると思います。ただ、なにをしても鎮まる方向性に向かわないので、なんか他にあるな!?と。

「『魂レベルではいつも100%望みが叶ってきた』『今世の探求テーマに矛盾なく沿った望み通りの人生展開だ』と認めることは可能なご心境ですか?
それとも、愚かしくて許せない(自分もしくは他人や世界)ポイントがいくつかおありになりますか?
過去の経験との和解がごテーマなのかなと感じます。」

あり過ぎて書き切れませんが、そんなに過去は恨んでいません。恨めるくらいの方がもっと発散できたかもです。空虚の方が心境に近いかもです。この現象が始まったのは、6年前なんです。2ヶ月前にエネルギーの波長が変動し始めて、この騒ぎに。

魂がしているとしたら、何処かに出口が無いとおかしい気がします。インスピレーションでは光とあるのですが、先程この種のエネルギーの場合、筋肉硬化症を癒したり、闇から光へ出ようとする人の明かりにとありましたが、これを詳しく教えて頂けませんでしょうか。



(5)へ続く

【目次】
(1)   「僕は今人が経験した事ないような不思議な目にあっています。」
(2)   「体感の変化は、周りに及ぼす影響と比べて相対的に小さいようですね。」
(3)   「ご家族は※※さんを出て行かせるがままにされているのでしょうか?」
(4)   「何処かに出口が無いとおかしい気がします。」
(5)   「君の魂のエネルギーが強すぎて観る事が出来ないと言われた事がありました。」
(6)   「例えこれにより死んだとしても本望だと。死んだように生きるより、ずっと素晴らしいからだよって。」
(7)   「仲間外れでした。泣いて帰りたいと毎日言ってましたね。いじめられてもいました。何故だか?

(8)   「僕は産まれてから今まで、自分が悪いと思ってきたんです。」
(9)   「今なら人生にYESと言えそうです。」
(10) 「違いに寛容な世界でありたいですね。」

(11) 「これは『ただ一つの正義』を奪い合う闘争ではないですから。」 
(12) 「実際言葉にして誰かに愚痴を聞いて貰った経験ってありますか?」
(13) 「父からは内股で歩くなとか、無理やり野球とかやらされましたね。母からも嫌いな活動に・・」
(14) 「むしろ家族が僕を助ける機会を奪って来たと今は思います。」

(15) 「まだまだ険しいですが、パズルピースが見えたのは心強いです。」
(16) 「受け入れない事と受け入れられない事とは同じだと気付くのです。
(17) 「どこらへんがセルフイメージなのかおっしゃって下さい。」
(18) 「闇も、モラルの闘いも、怒りも皆々愛の裏返しですしね。」
(19) 「闇に裏返っている力を、愛に帰還させてあげませんか?」
(20) 「闇はここから始まりました。母に愛されては居ないのでは?と言う疑問から。」
(21) 「自我(エゴ)レベルでは物事の一面真理しか見えない」「慈愛は結局自愛だなぁ」
(22) 「我が子がいた場合に、あるがままを尊重できるか?と言われれば、出来ないでしょうね。」
(23) 「今僕にできるのは、母を許す事です。」
(24) 「お母さんは如何でしたか?」「ハグした時に、これが必要だと思っていたと言いました。」
(25) 「私に対して『自業自得』と思ってられるご想念・そのもの思い方のパターンが、電磁波の原因だと思いますよ。」
(26) 「もう長くは持たないと思っています。」
           (中略)
        「土壇場悟りを開かれ〜この世の生命体として生き延びられることを強く希望します。」
(27) 「今回の件で愛を学ばれているんですよー」
(28) 「エゴで話すのですから当たり前では?」
(29) 「電磁波は『当人も知らない他者の内側の闇を照らす光になる』とお伝えしたことありましたよね。」
(30) 「死の可能性を自ら語る【知的な茹で蛙】を、どうかご卒業されて下さい」
(31) 「万が一『あのブドウは酸っぱい』と現場を去るイソップ童話のキツネになっても、来世があるさ」

(32) 「当方が切ることはないですからね!」
(33) 「深層意識で何故他者が嫌いなのかを突き止めたり、瞑想による至福感による癒しを今行っています。」
(34)   最終回:最初で最後の筆者コメント
(35) 「ダークサイドにあるエネルギーを切っちゃうというより、感謝とお詫びの後、どうか愛で包んであげてください。」
(36) 「内側から抵抗勢力が現れ→観察し癒すという、意味ある遠回りをされるのではないカナと予想していました。

(37) 「全世界へ発信☆『あるがままの俺を認めろ〜』『俺は普通でなく自然でいる。お前も自然でいろー』」
(38) 「『これ、鏡に映った自分の姿そのものだ!』とくまくまさんがいつ気づくのか、読者はハラハラしながら(ジレながら)見守っていますよ^^」
(39) 「
ネット越しでも分かる、なかなか素晴らしい怒気ですよ ^^。頭の中にパッと鬼の面が浮かびます。」

シリーズ全編、まとめ読みページ
 
| スピ | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/2028
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH