<< 2014年05月26日のつぶやき | main | 超常現象を体験されている方とのやり取り(2) >>
【人生の魔法】-817 正直に生き内側を統合する

 あるがままの自分を怖れフタをすると、心の闇が広がります。

 性欲・暴力性・独占欲・嫉妬心・怒り・悲しみ・破壊欲。
 親・社会から暗に否定された、あるいは明確に攻撃された事なら何でも。
 私の場合、「脇が甘いほどノンビリした部分」でした。

 闇とは、懸命に無い事にした部分。撲滅につとめた部分。
 ただ、性欲にせよ嫉妬心にしろ、ノンビリした部分にしろ、水面下に潜るだけで消失するわけではありません。
 顕在意識からどうにかこうにか分離されただけ。
 本当は自分の一部分なのに。

 かつては、みんなよりもっと「普通」であろうとした時代でしたね。
 例えば、武士道とか婦道とか。
 そこからハズれる部分は、一生闇として持ち続けたのでしょう。
 遊郭など、コントロールされた社会的闇が安全弁として機能しつつ。

 現代は、都市部と田舎で進捗度に差がありますが、大筋「自然」であろうとする時代の風向きでしょうか。
 変人許容度が増す方向性。
「人は人。自分は自分」だと分からないなりにユルく尊重し合う。

 私も、東京で暮らしながら心の闇を回収中です。
「脇が甘いほどノンビリ」に戻りつつある。
 その結果何が起こるかというと、外側の世界(社会)で許せない存在を見つける機会がグッと減る。他者の甘い振舞いに心騒がせる事がなくなってくる。
 ガソリンとなる脇の甘さへの怖れや悪認定が抜けてきたから。
 今では、かつて敵意をいだいたり「許せない!」と思った相手は、水面下に潜らせた自分らしさの投影であったと理解しています。
 殺したつもりで、どっこい消えてなかったのだと。
 敵意という形で私らしいエネルギーは生き延びていました。
 怖れ&悪認定が、天然・自然のパワーを(元の形から正反対に見えるところまで)歪めてしまったのですね。

 あるがままの自分を怖れフタをすると、心の闇が広がります。
 逆もあり。
 正直に生きると内側世界の分離が癒え、統合されてゆきます。
「ああ、自分だ♥」と。

 怒りにしろ嫉妬心にしろ破壊欲にしろ、それはそのままあっていいものだと今は考えています。
 あるがまま認める。
 すると、大して悪さはしません。

 法律を守り、他の人々を愛して生きてゆける。それも自然な願いにあるものだから。
 歪まなければ大丈夫。
 闇の中で歪むだけ歪んだ時、自分らしさの極端な発露として残忍な事件が起きるのでしょう。
 もしくは、“自分のかわりに”残忍な事件を起こしたヒトの報道を見て、激しく心を騒がせる。揺さぶられる。結果的に‥幾分息抜きにもなる。

 現代の日本社会であれば、あるがままの自分を認め内側を統合し正直に生きた方が得に見えます。
 田舎ではちょっとまだ厳しいのかもしれませんが、変人許容度は着実に上昇しているから。

 わが暴力性とも、世界を愛したいエネルギーとも、価値判断(ジャッジ)抜きに向き合う。
 トータル、平和で健康な(自傷・他傷と縁遠い)人間になるのだと思います。

 闇のフタを開けてしまって大丈夫。
 怖れを解放し、自然な自分を肯定する事が出来れば。


 今の日本において、意識の進化はこの段階まで来ているのではないでしょうか?

love


【関連】
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH