<< 2014年01月04日のつぶやき | main | 2014年01月05日のつぶやき >>
【人生の魔法】-675 自分のタイミングで気づき→腑に落ち→変わる

 具体例を挙げてゆきますね ^^


【怖れる人はヒドイ事をする】

 残忍な方法で粛清を行う独裁国の指導者は、世界一怖れている人。
 そう感じるのは、無意識にヒドい事をしてきたMy歴史があるから。

「ああ、なんて事を!」と後悔した行為の源流を探ると、「自分は被害者になる」という無意識の怖れが見つかります。怖れが起爆剤となり判断の質がナゼか一変してしまう。

 行為を責められてもor自分自身で責めても情けないほど同じことを繰り返してしまうのですが、怖れエネルギーが悪さをしていると腑に落ち理解できれば、自らを癒し「このパターンにはまるのはもういい」と変わってゆくことが出来ます。

 我ながらウンザリし「この自分は何なんだろう?」と内側に目を向け始めた時、転機到来☆
 

【自分で自分を楽しませる=自立】

 上記の例同様、長きに渡って「そうでない」日々を過ごします。
 依存し受け身でいる中、なかなか思いが充足されず、怒ったり嘆いたり落ち込んだり。

「クラゲのように流されてはいけない」と言われても心に響きません。
「自分で自分を楽しませよう♪」と腹を決めるまでは。
 世間や親の言うことをやりつつ空虚さから抜け出せない(何かでゴマかす)生活を続ける。
 そしてどこかで、「このままでは人生終われない」と開き直り心の底からしたい事をし始める。正直になる。
「正直でなかった」と気づく。

 好きな事を無心でし始めると、依存のfeelingは霧散解消し自立した大人に変身します。


【自分の波長とつり合った人/出来事に出会う】

『引き寄せの法則(類友の法則)』を学んでも誰かから諭されても、やっぱり人に腹を立て「許せない!」と思い、ナンテコッタと状況を嘆く。
 いいかげん疲れてもう頑張れなくなって(失意でくたばり動きを止め)自分以外観るものがなくなった時、そこにある乱れたエネルギーに気づく。『敵』と認定してきた諸々の姿とウリふたつだと‥・・・

「ここから始めよう」「内側を整えよう」
 動機が固まれば、想いの単純な投影である現実も変わってゆきます。


【51:49の微ポジティブでOK】

 競争社会で育まれた「ポジティブは◎ ネガティブは×」という超単純な図式を、さしたる疑問も持たず受け入れてしまっている私達。

 短調の子守唄で赤ん坊がグッスリ眠れるように、心の平安面でネガティブはとても大切。
『涙の便秘』に陥ると人はどっかでガス欠に陥り、それ以上頑張れなくなります。
 強ポジティブは実務面でも上滑りしがち。また、気づかぬ間に上から目線となり、人心と遊離してゆきます。(社長一人のみ高テンション、あとはションボリ‥している会社のように)

「じゃニュートラルに行こう」と方針転換し自然な自分にまかせると、人は51:49の微ポジティブ状態を保ち始めます。
 人生を切り開きたいという願いが、休もう・力を抜こうという欲求をわずかに上回るから。

 ここに至るまで散々ブレるのですが、遂に平安を手に入れ世界と噛み合ってゆきます。


【論より愛】

 知性・知識の不足で悔しい思いをし、これがバネとなって自らを鍛える。
 出来ること達成できることが増えてくると嬉しくなり、同じように出来ない人に「プラスの」影響を与え巻き込もうとする。
 イラ立ちもする。
 その感情を理屈に乗せ他者を攻撃するようになる。正しい行為と信じて。

 やりきると引き返せる道です。
 行き詰まり大切なものを失い、傷つくから。
 そして『世界に対する愛』という自らの出発点を思い出す。

 身に付けた論理的実務能力を愛情表現として行使する、成熟したパーソナリティーが誕生します。


【「Yes」で癒され「No」で傷つく】

 明確に「No」の意志表示をすることで身を(心を)守れる。
 精神の発達過程で通る道です。
 子供の反抗期もそうかな。

 これが「スルーする」「安全な距離まで離れ愛を送る」へ質的な進化を遂げるまで、「No」が人生を痩せさせ否定の心が自分自身を傷つけます。
 エキセントリックな人と言われたりね。

 わが世界観通りの世界が目の前に現れます。
「Yes」と受容する世界は優しい。「Yes」で、投影元である内側(内面)の分離が終了&癒される。

 手探りで進めてきた意識拡大の着地点を人は見出します。


【人生は魔法に満ちている】【人生と自分を信頼する】

 一旦ボロクソ・すっとこどっこいに陥っても内面から救いの手が現れ、ちゃんとマトモな人になる。
 きっかけとなる出来事のタイミングはいつも最適。精神的負荷まで微細に調整されている。
 自然な流れに従うことで人生はよりよいものになってゆく。

 やがて人は、魔法の存在を体感・知覚します。
「大きな愛がある」「自分はその愛を受けるに値する」と。

 見えない力にブランド力を感じる(総てを信頼する)ほど、パーソナリティーと人生は輝きを増します。

no flower no life

 人は、自分が腑に落ちるまで変わらない素晴らしい存在です。
 気づきも自分自身のタイミング。
 逆に、縛られても脅されても面従腹背がいいところ。それだけじゃぁ内側世界は驚くほど変わらず。

 他者の言葉には従わないけれど、その態度は選択的にマネする。
 腑に落ちる振舞い方・生き方を見出してゆく。

 なので、心騒ぐ人がいてもその方の魂にすべておまかせし自らの気づきに集中♥♡

 魂の愛に導かれ、【変容】という人生最大の魔法を体験してゆかれるでしょう。

no flower no life


【関連】

【人生の魔法】-657 思い込みを癒す (2013.12.18)

| 【人生の魔法】 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/1688
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH