<< 2013年11月08日のつぶやき | main | 【人生の魔法】-618 ぬるま湯から出る >>
「You, step aside(どけ)」

 サンフランシスコの電停で路面電車を待っていた時、隣に傘を持たず雨にホトホトと濡れている黒人青年がいました。
 春まだ浅い頃で、風邪を引きそう。

「では日米相合傘でも」と思いジェスチャーで伝えると、彼は「No」のアクションをする。
 いやいや遠慮は要りませんと傘をさしかけたら

「You, step aside(どけ)」
 セリフと同時にドンと突き飛ばされてしまった。

 電車にひかれないで済んだのはLucky。
 お詫びを伝えその場を終えました。

 月日が流れ今なら分かります。
 好意を受け取るのもそれなりに大変という事が。
 本当に勘弁して欲しい場面だっていくらでもある事が。

 他者のコンディションは見えない。
 日本という葛藤の少ない国で育った身なら尚更。

 キッチリ「No」の意志を表示してくれたのに、(その後の私の対応は)乱暴だったと思います。

 自分のことは自分で責任取る国の姿を見せていただきました。
 
| 分かち合う旅 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/1565
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH