<< 夜明け | main | 2013年11月17日のつぶやき >>
【人生の魔法】-626 葛藤・抑圧の世代間リレーを自分の代で終わらせる

no flower no life

 二千年、三千年と親から子へ受け継がれてきたバトンが、私には見えます。

「怖れ」から、魂由来である子供の唯一無二性に長所・短所というレッテルを貼ってしまう。
 あるがままの振舞いを「それではイケナイ」と抑えにかかる。
 親のさせたい事をさせ、夢中になっているものを奪う。
 個性に基づいた生き方ではなく、自分達が「こうだ」と思ってる生き方を有形無形に押しつける。

 結果、いい子はいい子なりに、悪い子は悪い子なりに葛藤・抑圧を抱えるようになり、幼な子時代のパワー・多幸感・分け隔てのない心を失う。
 そして自らが人の親となったとき、同じことをわが子にしてしまう。

 単純に生き延びることが大変だった時代、貧しかった時代、物理的に生きる空間が限られ情報の乏しかった時代なら、必然だったかもしれません。
 逆に、次の世紀は、誰もが唯一無二性を壊されることなく大人になり、魂が喜ぶよう素直に生きられる。葛藤・抑圧を抱え込まずに済む時代だと思います。
 Sジョブスのように皆「ワクワクすること」に熱中し、結果、社会全体が飛躍的に豊か且つ幸せになる!

 じゃあ私達世代は?というと、二千年、三千年と受け継がれてきたバトンリレーを終える、或いは別のバトンに持ち替える役割がある・・・とここ数年ばかり考えてきました。

 人類史に輝く役割。
 でも【変容】は、生半可なことではありません。
 葛藤・抑圧という観えないものを観て、覚悟を決め手放す。明るく軽い心を取り戻す。
 その過程で痛みと不安が襲います。
 何か変えるのは単純に怖い。「大変なことやってしまってるんじゃないか!!」と心がビリビリ振動。ただ、好きなことをやるだけなのにね ^^

 移行期世代特有の風圧あり。
 とにかく変わるな変わるな・・という力が、身内にも社会にも沢山存在するから。
 不愉快な顔されるだけでもビビるのが人情。

『尊重』がキーワードになると感じています。
 葛藤・抑圧を手放す人と今回の人生では手放さない人。お互いの生き方を認め、尊重する。
 愛に基づく取り組みであり決して闘いではないから。

 自分を見つめ、自らを制限しない生き方を選ぶ。
 弾圧されたら、そういう相手の生き方を尊重。&スルーする。
 止むを得なければ必要なだけの距離を置く。遠くから愛を送る。

 とっても経験あるのですが、その過程で「人格がオカシイように言われた」「※※を取り上げられた」といった幼少期の思い出が甦り、激しい感情で心がズタボロになります。
 赦すというプロセスがどうしても入ってきますね。
 何より自分の為に。

 内側に傷ついた子供がいると、次の世代にまた同じことをしてしまいます。
 無意識の領域に「子供はこれくらい従うものなんだ」という痛み付き観念が居座っているから。

「バトンリレーの中、ともかく親は精一杯愛してくれたんだ」と気づくあたりが転機でしょうか。
 で、愛の発揮し方を修整してゆく。
『一人一人の魂は別』という新たな認識のもと。

 私は、一見愛とは逆に見える怒りやバイオレンスといったエネルギーも、実は愛の派生物であると感じています。
 ただ、バトンのお陰で混乱したエネルギーの噴出し方になってしまっただけ。
 他意はnothing。
 だから赦す。そして自らを癒し、“スッキリと源の姿に還った愛”のバトンに持ち替える。

 こう書いていても「大変なこと!」と思います。
 でも、出来る。

 そう考える理由は二つ☆★


(1)志願しこの時代に生まれた

 人生の途中で根本的【変容】を体験するって楽しいですよね。
 人類史上最大のお祭り♪ともいえます。

「生半可なことではない」と知りつつ、この時代にワクワクしながら照準を合わせ、新たな転生を始めた記憶がおぼろげながらあります。


(2)痛み・不安をシェアできるIT環境

 日々twitterで実感しています。
 同じタイミングで同じようなことを感じ【変容】していってる仲間が数多くいるということを。

 見えない宇宙指揮者のタクトを感じ取り音を出す。当然ハモる。(=ツイートがシンクロする)
 皆シンフォニーオーケストラの一員♪

 驚きなのですが真実です。
 一人一人「個」のようでいて、深いところでつながっている。


 なので、大きく見て「大丈夫☆」と思っています。

 天使のような心のまま大人の知恵とスキルを身に付け、“異なったパターンのSジョブズ”として生きる次世代の姿が、映像となって浮かびます。
 人生途中で一度眠りにつくことはない。
「自主的に生きる」は当り前。
 各々好きなことを楽しみ、あるものを出し切って社会貢献。

 想像が及ぶ以上、夢は実現するのでしょう。


 天国造りが「わが【変容】から」なんて素敵ですね♡
 私達世代が新たに持つバトンには、『尊重』『無条件の愛』『Joy』と記されている筈です。


【関連】
【人生の魔法】-622 引きこもる (2013.11.13)
 猫のように好きな事しかしなかった幼な子時代
 時間の感覚もなく虫や花まで友達
 プレゼント交換や仲間との遊びが楽しくって仕方ない

 大人の世界も遠くない将来追いつくのでしょう
 この世へ遊びに来たことを忘れない社会
 葛藤の雲が魂を覆わない日常生活

 移行期を生きる私達はリハビリが必要
 葛藤から生まれる「かくあるべし」からみんな逃げちゃう
 猫になる ・・・続き


【人生の魔法】-643 親を赦す (2013.12.04)

【人生の魔法】-623 魂の皮剥き −私達の伸びシロ− (2013.11.14)

 
| 【人生の魔法】 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascension2011.jugem.jp/trackback/1563
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH