【人生の魔法】-1098 随時、適切な衝動が湧く

no flower no life

 魂のはからい、大いなる我の導き、ハイヤーセルフの叡智。
 その全貌理解は叶わずとも単に関心を向ける。使い尽くした自我をあきらめ“母”の胸へ飛び込む。
 ボロボロ(に見える)状況の行末を、思い切ってお任せしてしまう。
 思考を鎮め武装解除。
 自らを開く。

 見えない世界にいる親機から子機たるあなたへスルーパスの届く環境が整備されました。
 過程には、子機から見た「挫折」「喪失」「絶望」が存在したことと思います。
 頑張りズムが機能している間、自我が自らを諦めることはないから。
 
物事を上手くやろう式思考&関連の恐怖感がノイズとなって意識を満たし、魂の低くて小さな声を聴き取れなくなるから。
“荒療治”を経てあなたは、パスの受け取り手として成長します。

 絶望のさ中、不意に明るいエネルギーが湧く。広がる視覚イメージ。
 思考がなんだかんだ言い出す前に身体が動き出す。

 結果が出ます。頭で考える因果関係を飛び越えた幸運現象がポンと。

 また次の衝動。
 抵抗せず従い、レールに乗る。

 あなたは絶望が希望へと変貌を遂げたことに気づきます。
 自我が思い描いていたものとは随分内容が異なっているけれども。

 不服?。いやいや。
「こんな事を自分は願っていたんだ」という不思議な気分。
 今歓んでいるから。わがパーソナリティーに基づいて。

“母”の理解は当人の表面意識より深し。

 ただ、やはり先のことは見えません。
 心配事があるといえばある。考え出せば無限。
 でもすでにここまでこれたのだから、絶望一色のあの状態とは比べ物にならぬから、思考の武装は解いたままでゆくと決断。

 スルーパスが来たらゴールの方を向いて足を振りぬく。

 人生は単純なもののようです。
 深刻病にかかった自我が、すき好んで複雑に捉えていただけ。

 衝動!シュート!

 先のことは見えず。問題なし。
 エクスタシーの継続をとっくに信頼しているから。


no flower no life

【関連】
【人生の魔法】-1087 内なる叡智を選択 (2015/2/21)
 自分は子機だと気づかない子機が、自身ですべてを成し遂げようと思い頭を鍛えてゆく。
 この旅には終わりがあります。
・・・続き

【人生の魔法】-1070 八方塞がりという恩寵 (2015/2/04)
 心が行き場を失い
 初めて心自身のなかへ入ってゆく  
・・・続き

【人生の魔法】-1063 まだダメと決まったわけではない (2015/1/28)
 絶望したとき我が闇と向かい合えるから大丈夫
 かかる事態を招いた力に  
・・・続き
 
| 【人生の魔法】 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1097 速度を忘れる速度
 
急ぐと自分を失い
世界への信頼を放りなげ
思考の蜃気楼に人生を閉じ込める
怖れと気づかぬ怖れにより
頑張りを足し算また足し算
「まだ足りない」と思ってる
時間はわが主人
家来は自らを殺す
安全と快適さを求め
急げ急げ!

忘れものあり
タイミングの妙
魂のはからい
リズム感
一体感
元はダンサー
運命とステップを合わせ
ここちよく踊る

速度と思わぬ速度
僕の本質であり
僕を守ってくれるもの
活かし楽しませてくれるもの
身近過ぎて意識せず
そのまま思考に敗北する
一旦はね

急げ急げ!時間は有限
大切に効率良く
そして何が残ったか
疲弊した自分
叶わぬ夢
自らを否定する心

僕は諦め縛りを解く
「賢くあらねば」を
安全・快適さへの囚われを

無音の我が身からリズムが生まれ
無意識のステップが生まれ
この瞬間が動き出す

何も問題はない
恐怖心をとりのぞきながら
ただ魂のはからいにしたがう

計算外にことは運び
何とかまだ生きている
至福が宿っている

めまぐるしくても
緩慢でも
それが必然

今喜べているから
この一歩に力が宿っているから

no flower no life

【関連】
【人生の魔法】-947 素直に戻る(スモールマインド・オープンマインド) (2014/10/04)
 長らく、強迫観念にせっつかれ頑張って生きてきました。
 親が仕向けたのかな。「そのように走れ」と。
 いつも危機感があって、自らを重厚長大に鍛え上げてゆく。
 全部自分で仕切って、物事を上手くやろう・やろうとしてきました。

 反面、オープンではなかった。
 予想外に対して、知らない事に対して  
・・・続き
 
| 【人生の魔法】 | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1096 怖れと愛のわずかな分水嶺

愛する人をあるがまま受け容れようとするとき
怖れがうまれる
こころが「勘弁してほしい」と泣きながら訴える
そのこころに負けたり
泣きながら何を訴えているか観察したり
悔いたり

僕たちは怖ろしい
自らの料簡からはずれ計算できないものが
「乱れ」に感じられるものが
ペースを乱され自分が自分でなくなってしまいそうな
人の思い・考え方・行動スタイル・物の言い方
お金の使い方・他社への頼り方・影響の与え方が

圏外にのがれ
分離に直面する

自身を守っていたのでは凍えるらしい
酸素が希薄になってくる

熱源との再会を請い
こだわりをひとつ割る
受け容れる

意識の流れは
分水嶺のあちらからこちらへ


自分が戻ってくる
熱源と再統合される

まだ数多くのものが怖ろしい
繰り返し圏外逃亡を願う

分水嶺をあちらへ
またこちらへ

最後は世界全体を包めるようになる
その器存りしを僕の深い部分は承知している

浅い部分は・・・やっぱりまだ怖れている

逃亡を試み
凍えた末こだわりをひとつ割る

無限に続くように見える熱源への再統合ゲーム
ギリギリの局面
またギリギリの局面
マジな分だけ面白いっちゃあ面白い

固く握っていた自分が割れてゆく
中から現れるのは神

他のゴールを想定せず

これだけ手が込んでいるから
叡智を感じるから

no flower no life

【関連】
【人生の魔法】-1001 「有条件の愛」の終焉そしてアセンション (2014/11/27)
 愛はその本質として無条件
 でもなにか理由があったりする
 愛してくれるから
 楽しいから和むから
 二人でプラスの歴史を積み重ねているから
 態度がいいから親密だから
 知らない内に有条件の愛を生きている  
・・・続き
 
| 【人生の魔法】 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1095 ストレスに感じる心を癒す

まいってクタクタの心は
外部にその原因を求める

まいってクタクタの心は
そうなった自らについて疎く
同じ苦しみを再生産
また再生産

どうにもやりきれなくなって
折れてもしまって
問題箇所を見る
涙目でぼんやりしながら

いつものことに泣いている
毎度の悪夢に
あわれだね
この彼

スルーできる人もいれば
はなからひっかかりもしない人だっている
でも彼はボロボロ
個性的な存在

でも愛してる
わが思い癖
こだわり
いつもの反応パターン

生まれてからずうっと付き合ってきた
左にいったり右にいったり
上がったり下がったり
これでいいのだと思う

ストレスを感じる
僕らしい
皆スルーできても
これが生きている証

僕だけが僕を癒す
ハグもできる
観察の賜物として
自由でいようね

自由なのです
ストレスに感じても
スルーできても
左にいっても右にいっても

この個性も宇宙の目
創造された通り活躍中

飽きる日がきたら
同じ反応をやめようね
自由なのだから

河津桜

【関連】
【人生の魔法】-936 どう生きても自分らしい (2014/9/23)
 お手本やルールから、損得の制御からハズれているように見えても、これが自分の表現。
 魂から、今生分として与えられたもの。
・・・続き
 
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1094 安らぎ

それは内側にあって
長らく存在を忘れているもの

求めるほど
源から遠ざかる

頑張れば
気配が消えうせる

安らぎは
変わらず波動を投げかけている
「あなたの正体ですよ」と

焦った者だけが本質に気づく
凍える体験を経た末に

なすすべを失い
限界点で反転

握った手を放す
意識の深部へ降りてゆく

そこで適温の湯と出会い
旅の疲れを癒す

癒しているのは我
癒されているのも我

トータルわが本質

バランスを崩して遊び
戻してよろこぶ

安らぎの意味と有難さを
より一層知るため

我在り
完全なり

no flower no life

【関連】
【人生の魔法】-974 心の中の静かな世界 (2014/10/31)
 心の中の静かな世界は
 尋ねると答えをくれる
 心が静かになる答えを  
・・・続き


※明日は
【人生の魔法】-1095 ストレスに感じる心を癒す
  をお届けします。
 
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1093 幸福感から始める

「かくあるべし」から努力を、取り組みを始める際、自覚には欠けているのですがそこに否定の思いがあります。
「現状No」の思い。
 そこから、関わってくる人・事を無条件で愛せない心理へつながってゆく不思議さ。

 NoからYesへ進む作業に協力してくれる・その力がある人は「いい人」。
 足を引っ張る人は「悪い人」。
 無意識に分類を始める私達。
 だって、マイナスより脱出せねばならぬから。

「守ろう」という思いも同様ですね。
 脇が甘い関係者をいつのまにか「悪い人」扱いしてしまう。
 家族であっても。
 わが子に手をあげたり。配偶者のあるがままを非難してしまったり。

 膨大な努力を積み重ねても、その導入部分に否定的な価値観や関連の怖れがあると、人の幸福にはつながってゆかない。
「前進」した「守った」と同じだけ痛みも生まれる。
 自らの思いを先ず知る必要性が見えてきます。
「今どんなエネルギーで、価値観で自分はいるのだろうか」と。

『頑張り始める前に内観』です。

 心の中を見るようになると、そのあり方も選択できるようになる。
 例えば、幸福感で意識を満たしてから事を始めるとかね。

 私達は、努力が実った結果幸せになると思いがち。心は受け身の存在であると。
 でも実は、幸せな現象を生み出すメイカー、主体的な存在が心。
 まず自分ありきです。
 私の中にあるものがやがて物質化し、身のまわりを覆い始める。

 なので、欠落感から始めるのか幸福感から始めるのか、最初に分かれ道あり。頑張り始める前に内観。

 私達は、どんな思いをやがて物質化させるか決められる創造主といったところでしょうか。
「かくあるべし」に足らない未熟な自分、とは逆の見方です。

 この両方が本当。
 創造主と思っても、足らない未熟な自分と思っても、やがて目に見える現象が「御意」とばかり証明してくれるから。

「あまりに努力対成果の効率が悪い」「変だ」「疲れた」と思ったら、試されてください。
 最初に現れる分水嶺を逆へ進んでみる。

【幸福感で意識を満たしてから事を始める】です。

no flower no life

【関連】
【人生の魔法】-1082 歓喜という安心について (2015/2/16)
 安心を求めているとき安心は訪れず
 単に歓喜で動いているとき
 内側は揺るぎない安心で満たされる

 計算高い、怖がりの意識の奥に
 わが本体がいらっしゃる
 どんな瞬間も遊んでいる存在が  
・・・続き


※明日は
【人生の魔法】-1094 安らぎ
  をお届けします。
 
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1092 否定の思いの累積に気づく

 デトックスをしてゆくと、気づきます。
「自分がどれほど否定の思いで走らされてきたか」に。

 現状否定・自分否定。ゆえに頑張る。
 足らないところに視点を向けている。
 ダメ・ダメ・ダメ。No・No・No。
「※※を身につけたら自分は幸せになれる」
 意識はたえず存在していない未来へ向いています。
 今を楽しむ力を失って。

 ではその現在が捨てたほどのものかというと・・・
 メリット・良さが必ずある。
 ただ見ようとしていないだけ。

 じゃ、生きてみましょうか。あるがままに。
 頭で否定してきた今と自分を、そのまま受け容れてみる。
 これだけでも大変な思いの転換です。
 パートナー獲得に奔走していたなら、一人の現状と腰据えて向かい合う。
 自らの豊かさに目を向ける。
 時間的な自由にも。

「※※を身につけたら自分は幸せになれる」etc
 現状否定・自分否定という毒が抜けてゆくと、生まれ持った至福が内側深いところから湧いてきます。
 否定時代にはない行動力や発想を得ます。
 幼い子供達のような。

 なぜだか私達は、ダメ・ダメ・ダメ・No・No・Noで「進化できる」と思ってきましたね。
 親・教師の教育も、同じ文脈でした。
 根っこに「頑張らないと」「変わらないと」という思いあり。
 で、自らの特質をリスペクトしない大人へ育つ。
 殆ど無意識であっても。

 まずは意識的になることなのだと思います。
「自らの中には否定の思いが累積している」と。
 他人に対する攻撃性含め、言動をすっかり支配してしまっていると。

 分かれば、デトックス開始。
 意識を内側へ向け「あ、これもだ」「これも」と気づいてゆく。そのエネルギー自体、解放する。

 あなたという個性を創造した宇宙を信頼されてください。
 そして、この瞬間あるがままを楽しまれてください。

 逆の癖を抜くのにいくらかプロセスを要しますが、本質的にとても簡単でSimpleな生き方だと思います。
 道端に咲く花達が難なく体現してくれているように。

no flower no life

no flower no life

no flower no life


【関連】
【人生の魔法】-999 「無価値感」という幻を解放、この世を生きながら天国を味わう (2014/11/25)
 夫婦・恋人の双方が意識下に「無価値感」を持っていたら、相手の振舞いや言葉から本当は存在しない敵意や脅威を感じ取り、過剰反応をします。場合によっては仲たがいしてしまう。

 一方、夫婦・恋人の双方とも「自分は完全無欠な存在である」という本当の事を知っていたら
・・・続き


※明日は
【人生の魔法】-1093 幸福感から始める
  をお届けします。
 
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1091 不快感の震源地は囚われ

「生きていくのは大変だ」と思った記憶。
「良い事」「正しい事」というプレッシャー。基準。
 自分を否定されてしまった瞬間の恐怖。
 頑張ってきた歴史。My手順論。
 
 不快感で震えているわが心を観ると、その辛い作業の中で、自分側の原因が膨大に見つかってゆく。
 直前まで、直接のきっかけとなった相手・出来事をせいに100%していたのだけれど。

 囚われの中で、私の人生が進行していってる。
 生産的でなく破壊的。
 馬車馬のように走っても、そこに信頼が欠けているから。世界への、人生への、自分への。
 どこかでわが不快感が行為に現れてしまう。

 本当の進歩とは、引き算なのでしょう。
 心を、赤ちゃんのようなツルツル肌に戻してゆく作業。
 きっかけとなるのは不快感。囚われと紐付いているから。

 不穏な言動を寸止めにして、わが心を観る。
 勇気とエネルギーを要する作業。
「これまでと同じ人生を繰り返したくない」という思いが導く。

 人生を支配していた記憶とサヨナラしてゆく。浄化する。
 急には進まないね。
 不快感が訪れるたびコツコツと。

 むしろチャンスであるらしい。
 カァーっと胸の中に煮え湯が溢れるこの状態は。

 不穏な言動を寸止めにして、わが心を観る。
 そこに今の私の祈りがあります。

 引き算によって変わってゆきたいから。
 息を吸っても楽しかった幼な子の時代へ向けて。

no flower no life


【関連】
【人生の魔法】-1043 人や状況の操作を諦める (2015/1/08)
 ジタバタを諦める日まで
 白旗をあげる日まで
 エネルギーは漏れ続ける

 それがこれまでの生き様
 あるがままの人や状況は
 改変必須の仮想敵  
(全文を読む)

【人生の魔法】-1046 自分の酷使に気づく (2015/1/11)
「頑張らなければ大変な事になる」と思っている間、周りの人もやはり眉間にシワを寄せます。
 合わせ鏡のように。
 状況は益々、頑張らなければ大変な事になる度を深める。
 それは自分が低気圧となり黒雲を呼び込んでいるから。
(全文を読む)


※明日は
【人生の魔法】-1092 否定の思いの累積に気づく
  をお届けします。
 
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1090 無限の歓び

 これを知ってしまうと人類が何も頑張って追求しなくなる、エデンの園へ復帰する真実。
 外から何らか「幸福の条件」を持ってくる以前から、私達は無限の歓びそのもの。
 
 人生という夢の展開、そのリアリティーに心が拘束される。
 魂が酔狂で始めた旅。
 登場人物(私)に思い入れ、気持ちが上がったり下がったり。達成感に酔いしれたり絶望の淵へ落ちこんだり。
 自らを抑圧したり、他者を抑圧したり。「良い・悪い」にとらわれたり。
 怖れからエゴを発揮してしまったり。自身を観念の世界へ追いつめたり。やたらと過剰反応してしまったり。

 ゲームオーバーの前、心が割れます。
 負荷が限界に達し、諦める。諦めのわるい人は運命のハンマーによって自我を破壊される。
 静寂。
 人が去ったコンサート会場のように。

 光害の都会を離れると天の川現る。もともと頭上にあって、ただ見えなくなっていた天の川が。
 無限の歓び再登場も同じ。
 後天的に鍛えた意識が活動を止めたとき、わが本質に気づく。最初から幸せな存在であったと。

 闘って、頑張って何かを得るという大きな勘違いのもと、旅を重ねました。
 とても遠回りだったけど、お陰で以前は当り前だった歓喜が有難い。
 魂の狙い通り。
 自らを見失い再発見。幸福の条件を必要としない私。未来も要らない。既に完全だから。

 目覚めた意識は、人生という夢を観客/観察する者として愉しみます。
 純粋にドキドキしながら。

 歓喜で引き寄せるストーリーはやはり歓喜☆

no flower no life

【関連】
【人生の魔法】-1075 存在の存在感=幸福感 (2015/2/09)
 私達は他者に依存します。「幸福である」そのものを。
 モノにも状況にも立場にも。
 能力や富といった持ち物にも。

 それらが代替品であると気づくのが覚醒。
・・・続き


※明日は
【人生の魔法】-1091 不快感の震源地は囚われ
  をお届けします。
 
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【人生の魔法】-1089 内なる豊かさ

世界は一枚の鏡
そこに映りこんでいるのはわたし
どれほどひろくても
いかに多様であっても
毎瞬自分と出会っている
「わたしってこうなのだ」と理解を深めている

生命の個体として社会的生き物として
サバイバルを意識したとき
わたしはわたしのサイズ感を見失う
豊かさを見誤る
我慢をおぼえ
第二の人格をつくりあげてゆく

一度は通る道
「卑小な立場からの成長ゲーム」
これを体験しないことには
地球へ来た意味がない
人に化けた甲斐がない
自我を膨らませ頑張るまた頑張る

いい子でいることは安全
誉められれば快適
認められれば安泰
すっかり外側のモノサシになじむ
いつもどこか怖れを感じながら
転落人生だけは避けねば!

自尊の根拠は「上手くやってる」事
上手くできないようになると・・・
卑小さが身に付きました
無事第二の人格完成
ここがゲームの折り返し点
全プレイヤーが辿り着く場所

自我は退化を促される
割れて砕けもする
当初のシナリオに従って
ダメな自分
無軌道な自分
“正しくない”自分

向かい合うにも辛い現実
夢ならば醒めて欲しい!!
醒めやしない中
全プレイヤーはもう一つのリアリティーに目に向ける
ヒクヒク痛んでいるこの存在に
内側のパワーに

何十年ほっといたかなその場所
明かりのついた部屋はわずか
かろうじて今も活動を続け
世界に自らを投影している
卑小だと信じ込んでいる己を
一枚鏡は誠に正直

そこに自分がいる
この瞬間の意識が
外と内はつながっていて
釣り合ってもいて
区別がつかないほど
明かりを消した部屋だらけのわたしが在る

変えていいんだよね?
鏡に尋ねる
返答はないけれど
胸の中に火が走る
「これを灯そう」
声の主は?

内なる豊かさはタイミング到来を悟り
世界に自らを映しはじめる
第一の人格として
花は笑い
朝陽は茜に焼け
各地で今日も文明が演じられる

部分ではなく全体
それがわたし
部分を演じていても
そこに全体が映りこんでいる
自分一人しかいない宇宙
みなわが意識の現われ

世界は今日も豊かで
猥雑で面白くて
高度につながりを保ち
意外性に満ち
トンでもなくて
優しい

一枚鏡に映っている

no flower no life

【関連】
【人生の魔法】-932 自分をエクスタシーに明け渡してゆく (2014/9/19)
 本来の主はエクスタシー
 しばらく天岩戸隠れされておられました

 かわりに僕は深刻さを信仰
 頭に血がのぼった状態を信奉

 脳内は言葉で満たされ
 思考が煉瓦のように敷き詰められる

 それを「自分」だと思っていました
 言葉や思考、そして感情を

 喜びはいつも条件付き
 欠落感をいだいては追い求め続ける  
・・・続き


※明日は
【人生の魔法】-1090 無限の歓び
  をお届けします。
 
| 【人生の魔法】 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH